#2 着物で作る腕時計のベルト

京都で出逢った職人さんたちに刺激を受け、腕時計のベルトを作り始めたトン・チョック・フォンさん。彼の作品は、着物や畳縁、日本の制服のボタンなど、様々な日本の「もの」をモチーフにして作らており、一つ一つの作品が日本の伝統を表しています。